So-net無料ブログ作成
検索選択

子宮がん検診車ですし詰め。




CA390330.jpg
あ~。やっと再開したブログも3日坊主というか、1週間もブランクを空けてしまった…[たらーっ(汗)]
というのも、この間、私は何もしていなかったから。そう、本当に何も。寝て、食べて、本を読んでいました。なので、当初の予定の、体調管理のための日記つけ、という動機さえも貫徹できず、意志の弱さを露呈しているなぁ。

今日は、やっと子宮がん・乳がん検診、という手帳に書けるまっとうな予定があったため、朝も働いている皆さんと同じような時間7:30に起床!(土曜だけど!!) 今までこうした検診は会社の健保か、働いていたときはお金に少し余裕があったので、自身で通院していた女性外来の検診プラン、などを受診していました。なので、市が主催する「集団検診」なるのもは初めて。案の定、集合時間に実施場所である市の公民館へ行くと(小学生ぶりに行ったので、危うく道を忘れそうに[あせあせ(飛び散る汗)])、40代以上のおばちゃんばっかりで、30代女性はごくわずか。多分若い主婦は広報などあまり読まないだろうから、こんなイベントには気がつかないか、働いている人は会社ので済ますので、来ないんだろうな~、と思う。

乳がん検診+子宮がん検診の検診料はなんと¥1400という安さ! 何このありえへん安さ[exclamation&question] 以前女性外来でかかった20代スタンダードプランは1万円もしたぞ! と安さに不信を覚える。案の定、乳がん検診は触診のみで、しこりらしきものがあった人だけ、マンモグラフィーに移る模様。検診車が横付けされているのに、全員に受けさせないとは、そこが安さの秘密か。

なんと子宮がん検診もどこでやるのかと思いきや、もう一台ある検診車で。車一台の中に、運転席と2人分の座席のほか、4人分の待合室、そして更衣室が2部屋(上記写真)と、内診スペースとかなりな間取り。大型車とはいえ設計者がんばったな~と感心する。

内診についてはあまり書くのもアレなので…、ただカーテン越しにあれこれ聴いてくるのはやめてほしい[ー(長音記号1)] 診察なので仕方がないけれど。そして何気に婦人科に行きなれているので、もういい加減慣れたけど。


[ハート]帰宅すると、待ちに待ったハローワークが委託する職業訓練校からの合否通知が[exclamation×2] 正直、ここ数日何もする気が起きなかったのは、この結果待ちで憂鬱だったせいもあるわけで、この開封で、私のこの先半年の進退が決まると言って過言ではなかった。というのも、以前にも書いたように、非定型うつ病には、規則正しい生活が第一で、その癖づけのために、学校へ通うことは一助になり、かつ通学期間中は失業給付金を延長して受給することができるので、よくいえば、病気を治しながら、かつお金をもらいながら、勉強もさせてもらえるという、大変にありがたいことなのだ。

とはいえ、ありがたさと比例して、それを全うしなければならないという責任感とプレッシャーがかかってくる。一番はそのプレッシャーによって病気が悪化して、通えなくなったらどうしよう、という心配だ。

なので、ぬか喜びはせず、自分のペースを守って、ぼちぼち学び、社会復帰するための馴らし運転のつもりで無理せず、でもチャンスは活かすことができるよう、ほどほどにがんばっていこうと思う。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。