So-net無料ブログ作成
検索選択

第2撃~総天然色! ミナミのうどんはシチュー入り

私たちは新世界にいた。串かつ、どて焼き、ミックスジュース。事前にリサーチしていた新世界にある「ジャンジャン横丁」のうまいもんは大半を制覇し、あとはオーラスを迎えるばかりになっていた。

横丁では名物の串かつ屋に並ぶ、グルメめぐり好きのカップル以外は、おっちゃんばかり、一体どっから湧いて出たのかというくらいに集まっている。100メートル足らずの横丁の間に何軒もある碁会所などは、当然おっちゃん率100%である。こんな場所は東京では浅草六区くらいではなかろうか。ディープさでは肩を並べる場所かもしれない。

「トゥチャンもボッチャンも娯楽場」と書いてある1ゲーム50円のゲームセンターを通り抜けると、「いづみ」と紺地に白で染め抜かれた暖簾のかかる店がある。実は今回この店で、同行の友人をちょっと困らせようという作戦でつれてきたのだ。

友人は席に着くと、メニューは・・・と壁に掛けられた品書きを見ていた。すると案の定、あるメニューで友人の目が留まった。

「シチュウーうどん」。

にっしっし。どう発音するかね。そしてそれはどんな味だと思うかね。いたずらっぽく友人を見ると、困った顔をしている。いつも期待に応えてくれるいい友人だ。

観念したらしかったが、やっと奥から出てきたおばちゃんには「しちゅぅーうどん」と微妙に語尾を濁した注文。ちぇっ、煮え切らないヤツ。

出てきたシチュウーうどんは、想像していたものとは全く違った。クリームシチューかと思っていたら、半透明のポトフ風のスープに、大きなじゃがいも、たまねぎ、牛肉がドカンと入っている。うどんはじゃがいもが大きすぎて見えない。

「テーブルの山椒を好みでかけてね」とおばちゃんに言われるままにそれを試す。

「ずずー。・・・ずずー」

私「・・・うまいやん」

友人「うん。ほっこり家庭の味やね」

串かつ、どて焼きでコッテリっ腹になった後の、〆にしてはちょっと多めだが、満足して店を出た私たちは、再び新世界を徘徊することに。

新宿三丁目あたりでも見られそうな仁侠モノを上映する映画館の隣の映画館で、私は思わず足を止めた。

「無法野郎は俺が切り捨てる! 総天然色 『若様やくざ 江戸っ子天狗』!?」

往年の時代劇スター・大川橋蔵の映画をロードショーしているとは、なんて贅沢な街! というか、ここはいったい何時代!?

すこし頭がクラクラしてきた私の横で、しかし友人は別の方向を見ていた。その視線の先には・・・ピンク映画だ。

「恋人と一緒にああいう映画を観るのが夢なんだー」

うっ。新世界の空気にクラクラとなっていたところに、友人からの強烈なパンチであった。なんと返せばよいのだ。シチュウー作戦で困らせた罰なのか。なんと返したかはご想像にお任せします。

 


nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行・地域(旧テーマ)

nice! 0

コメント 1

hanimaru

テレビで見たことがありましたが、シチュウーうどん、ぜひいって食べてみようと思います
by hanimaru (2004-11-26 12:40) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。